X
header one

iTCI 2

iTCI 2

耳鳴り治療器の3つのモード

 

  • ノイズモード(サウンドジェネレータ)
    音響療法(ノイズ(治療音)のみ)。無難聴性の耳鳴りや、軽度難聴と伴った耳鳴り、周囲が静かな環境用のモードです。
  • 補聴器モード
    補聴器を使った音響療法(補聴器としての聞こえ)。難聴と耳鳴りの双方の症状がある場合に選択。補聴器として周囲の環境音を聞くことで耳鳴りが軽減されることがあります。
  • ミックスモード(コンビ)
    上記2つを同時使用(補聴器としての聞こえ+ノイズ)。軽~中等度難聴を伴った耳鳴りで、補聴器からの環境音だけでは耳鳴りへの意識レベルが下がらない時に使用します。

 

※治療音は専門家が調整します。