X
耳あな型補聴器でボリュームコントロールの取付けがなく、環境スイッチの搭載がある場合、Connexxを利用して環境スイッチ(プッシュボタン)をボリュームとして使用できるように設定することができます。
2019-12-25

耳あな型補聴器の環境スイッチをボリュームに設定する方法

耳あな型補聴器でボリュームコントロールの取付けがなく、環境スイッチの搭載がある場合、Connexxを利用して環境スイッチ(プッシュボタン)をボリュームとして使用できるように設定することができます。

環境スイッチをボリュームに設定する方法

1.補聴器を読み取り、「フィッティング」画面を開く
2.左のメニューから「本体設定・リモコン」→「本体設定」を開く
3.補聴器コントロール設定「プッシュボタン有効」左横にあるボックスに✓があることを確認
4.「短押し」の右にある選択メニューから「ボリューム増」又は「ボリューム減」を選択

*両耳装用の場合、片耳を「ボリューム増」もう片耳を「ボリューム減」に設定すると補聴器本体のプッシュボタン操作のみでボリューム増減が可能になります。(左右通信可能)

ボリューム増減とプログラム切替機能の両方を使用する方法

片方の補聴器をボリューム増減、もう片方の補聴器はプログラム切替の設定にしておくと、ボリューム変更とプログラム切替の両方が使用できます。

ボリューム増減を設定する方は「プッシュボタンの中押し設定」をご利用ください。
① 補聴器を読み取り、「フィッティング」画面を開く
② メニューから「本体設定・リモコン」→「本体設定」を開く
③ 補聴器コントロール設定「プッシュボタン有効」左横にあるボックスに✓があることを確認
④ 赤丸部分の矢印ボタンをクリックして中押し設定する

(設定例)
短押し:ボリューム増
中押し:ボリューム減

短くボタンを押すとボリューム増、3秒ほど押して離すとボリューム減になります。この機能を使用することで、片耳のみでもボリューム増、減の設定が可能となります。