X

魅力的なデザインが新規ユーザーの獲得に役立つ

 

一般的に人々は自分の個性に合う製品を好むため、製品に注目を浴びせたいときは、あらゆる業界において、ライフスタイルや個々のイメージに訴えかける魅力的なデザインを取り入れることが当たり前になっています。これは、携帯電話やヘッドホン、眼鏡など、さまざまな製品に当てはまります。ここで例として挙げた眼鏡は、補聴器と同様に医療器具としての側面も持ち合わせています。

長年にわたり、補聴器は大きくてダサいものと思われ、見た目という点では決して魅力的なものではありませんでした。補聴器に対するこのようなイメージによって、多くの人が補聴器の装用に消極的となってきたと考えられます。つまり、補聴器の正しい情報を知らない潜在的な顧客がたくさんいるというです。

今までの補聴器業界の対処法は、補聴器をできるだけ小型化し、周りからは気付かれないようにするというものでした。しかし、現代の人々は、スタイルに気を配り、自分らしいものを身に着けたいと考えています。また、最近では難聴をタブー視しない人も増えており、そのような人々は、メッセージ性を携えたおしゃれで革新的なデバイスを求めています。

EuroTrak(ユーロトラック)の調査データによると、6年前には回答者の半数以上が恥ずかしさを感じると回答していたのに対し、最新の調査ではそう回答した割合が3分の1以下にまで低下しています。このように、補聴器のイメージが向上している今こそ、補聴器のデザインにおけるパラダイムシフトのチャンスです。改善されたデザインがこのような態度の変化の要因となっており、素晴らしいデザインによって、補聴器のイメージがこれまでにないほど向上する可能性を秘めているのです。

なぜ、おしゃれなデザインが重要なのか?

現代の人々は、面白みがなく、いかにも「医療」器具に見えるものは望んでいません。難聴に悩むことを望まず、難聴者だと一目で分かるような補聴器は敬遠されます。その代わり、難聴でも自信が満ち溢れてくるような、おしゃれでスタイリッシュなデザインと最新技術を組み合わせた補聴器が求められています。眼鏡と同様に、おしゃれで美しいデザインであり、なおかつ、最新技術を携えているという、双方を満たした製品が選ばれる時代なのです。

今こそ、魅力的なデザインでアピールする絶好のタイミングです。シグニアは、まさにそれを実現しました。先日、新しいシグニア補聴器を評価するために軽度から中等度の難聴を抱える500人を対象とした消費者調査を実施しました。

その結果、回答者からは、新しいシグニア補聴器は圧倒的に新しく、市販されている補聴器とはまったく違うという、大変喜ばしい評価が得られました。

シグニアは、補聴器のデザインにおいて新たなステージを切り開こうとしています。皆様にも、この素晴らしい時間を共に体験していただきたいと願っております。これまでにない画期的な新製品については、次回のトピックスで引き続きお伝えしていきます。私たちは、この製品が新規ユーザーやリピート顧客の獲得につながるものと信じています。

 

シグニアニュースレター

シグニア補聴器では、専門家(補聴器業界従事者、医療関係者など)向けのニュースレターを不定期に配信しています。

専門家向け シグニアニュースレター配信登録はこちらから