自分の声が響く・こもる問題に
直面した際の今日の対応策。

自分の声の問題を解消するのは簡単なことではありません。

自分の声の問題には2つの原因があります。
1つ目は閉塞によるもの、つまり補聴器や耳栓などで外耳道をふさいでしまう場合に、自分の声が響いてしまうケース。2つ目は、自分の声を補聴器が拾い増幅し、それが再び耳に入ることで違和感を感じるケースです。

この問題を解消するために、皆さまはベントを開ける事があると思いますが、これは低い周波数のエネルギーを逃がすだけでなく、補聴器が処理していない外部の音を耳に取り込んでしまいます。特に騒音下では、補聴器が処理した音声を直接耳に届く騒音がマスクしてしまうため補聴効果を低減させてしまうケースがあります。オープンフィッティングが普及したことにより、最近ではこもり感のトラブルは以前ほど大きな問題ではなくなってきました。しかしその一方で、補聴器の出力による自分の声の響きは、未だに残る問題の一つではないでしょうか。

補聴器の出力による自分の声の響きを軽減させるために、利得を下げるケースがあります。しかし、これは可聴性を下げることになるため、外部からの入力音の調整には適切ですが、自分の声の問題には用いるべきではないかもしれません。

上記の通り、自分の声の問題解決はなかなか難しく、皆様の中にも解決策の提案に悩まれていらっしゃる方がいらっしゃるのではないでしょうか。
どうして自分の声のトラブル解消がこんなにも難しいのか、来週のトピックスでご確認ください。